サンプルアイチャッチ

化石発掘

小学校低学年~

 意外にも、化石は簡単に見つけることができます。河原に行って、石を割ってみると、貝などの化石を見つけることができるかもしれません。

 ですが、素人にはそれが化石なのか、石模様なのかなかなか見分けることができません。そんな時は、やはり専門家に判定してもらうのが一番です。

 化石が沢山出る自治体では、化石発掘体験いうイベントをやっている事が多いです。
 定員もあり、参加者は抽選で決まる程の人気があるようです。そういったイベントに参加して、貝等の化石を発掘してきましょう。家に持って帰ってきて、標本にすれば、立派な自由研究の出来上がりです!

阿南町の化石発掘イベント

 ふるさと納税でお米がもらえるということで話題になった長野県の阿南町(地図でいうと、長野県の南に位置します。)は、1700万年前は海底でした。そのため化石が沢山発掘されることで有名です。

 阿南少年自然の家主催の化石発掘イベントに家族で参加してきました。写真は私たちが発掘した化石です。
 写真中央の石にある白い部分はヘビガイの化石です。
 写真下部の石の光沢部分は牡蠣の化石です。標高507Mの阿南町も、大昔は海だったということを思うと感慨深いです。

 かなりの山道を歩いたところにある川で、発掘しました。ヘルメット、ハンマー、タガネ等の道具の貸し出しがあるので、初心者でも楽しめる内容になっていました。化石の専門家の先生が、その場で化石を鑑定してくれるので、本物の化石を家に持って帰れます。

 定員50名のところ、倍以上の応募があったようです。抽選で見事に当選!
 普段、経験できない体験ができて大変面白かったです。

化石セット

標本

 持ち帰った化石は、水道水できれいに洗い、(こすり洗い禁止。水道水でやさしく流します。)乾かした後、標本箱に並べます。
 綿やスポンジを入れて、その上に置くと高級感が出ます。化石の名前や年代を書いたラベルを貼れば、さらに本格的です。

 販売している化石ではなく、自分で発掘した化石ということが自由研究のポイントです。化石があまりとれなかったら、本等で調べて、絵を描いても良いですね。


◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!