サンプルアイチャッチ

朝顔で押し花

全学年

 小学校低学年ですと、夏休みに学校で育てていた朝顔の鉢植え持ち帰ってくることはありませんか?

 宿題のひとつとして、朝顔の観察日記や、咲いた花の数調べなどあるのではないでしょうか。

 それならば、その朝顔を思いっきり利用して、押し花を作ったり、色水で布を染めたりしてみましょう。立派な自由研究になります。

 押し花というと、花をティッシュにくるんで、新聞紙にはさみ、辞書などの重しをして、3日以上置く。意外と簡単に作ることができるように思いますが、朝顔の場合、とても水分が多いので、注意が必要です。

 上述のように作っては、朝顔の花がティッシュにくっついてしまい、はがれません。また、なんとかはがれたとしても、花がクシャクシャにまるまってしまいます。

 そこで、ベビーパウダーの登場です!水分吸収として使えば、簡単にきれいな朝顔の押し花を作ることができます。

材料・用意するもの

 朝顔、ベビーパウダー、ティッシュ、新聞紙等。 

押し花されたもの販売しています!

作り方

① 朝顔の花を挟むティッシュペーパーにベビーパウダーをふりかけます。上下のティッシュともにふりかければ、、水分吸収の役目をして、ティッシュにくっつく事を防ぎます。

② 新聞紙の間に①を挟みます。

③ 2キロ以上の本、雑誌等で重しにします。

 時々、挟んでいるティッシュを新しいものに変えてください。薄い花なので、注意しましょう!

 額縁に入れて飾ったり、コースターやしおりにしたり・・・素敵な作品ができそうです。